7月度例会‐荻洲貞明氏「世界の未来にとって価値のある❝関西の魅力❞とは?」」

7月度例会
◆開催日:2019年 7月30日(火)
◆時 間:18:30~20:30(開場:18:00)
◆場 所:大阪産業創造館交流プラザ(17階)
大阪市中央区本町1−4−5
http://www.sansokan.jp/map/
https://goo.gl/maps/E7iBmUahfct
◆テーマ:「世界の未来にとって価値のある❝関西の魅力❞とは?」
◆講 師:荻洲 貞明氏(おぎす さだあき)
株式会社博報堂  関西支社 ビジネス開発室
シニアストラテジックプランニングディレクター

 

 

 

 

 

 

 

◆プロフィール
早稲田大学法学部卒業。1983年(株)博報堂入社。以降、一貫してマーケティング部門に勤務し、食品、菓子、飲料、酒類、日用品、化粧品、医薬品、自動車、家電、IT、通信、金融、流通、運輸観光、エネルギー、B2B(素材・部品)、官公庁など幅広い業種の担当経験あり。1998年以降、関西支社勤務。2014年以降、関西支社内の事業開発部門に異動し現職。「関西近未来研究会『グループ2050』」メンバー。
著書:
『最新マーケティング戦略プランニング・ガイド(共著)』≪日本能率協会 1998年≫『金融意識革命 次の処方箋(共著)』≪経済法令研究会 1998年≫

うめきた2期、G20、中之島開発、IR、万博といったビッグプロジェクトが動き出した関西。それらのプロジェクトをいかに活用してその後の関西の未来を創り上げていくかが問われています。
関西の複数の企業・団体に所属する有志の集まりである「関西近未来研究会『グループ2050』」の研究成果をふまえ、関西の強みや魅力がテクノロジーと結びつくことでどのような未来像を描くことが出来るかについてお話しします。大阪、神戸、京都といった都市の個性を大切にした上で、もっと小さな単位の“地元”の一つ一つが輝き、その集合体としての関西が輝くために、今何が出来るかについて、皆様と共に考えます。

◆参加費:会員無料/非会員¥2000 ◆懇親会費:¥1000(参加者のみ)